2008年8月7日木曜日

"個人のWEBサイトで困ること"について

gooランキングの"個人のウェブサイトで困ってしまうことランキング"を見ての感想です。
俺にしか出来ない俺のやり方で俺を貫く!と言った豪傑WEBサイトも素敵ですが、とりあえず人に見てもらうサイトを作っていきたいので考えてみました。以下ランキング結果です。
  1. 画像が多くて、重い
  2. ポップアップがどんどん開く
  3. アフィリエイトバナーがたくさん貼られている
  4. 「準備中」「作成中」のコンテンツだらけ
  5. なにかあったら音が鳴る
  6. よく分からないプラグインを勝手にインストールしようとする
  7. リンクが切れているところが多い
  8. なんのためらいもなくPDFファイルへのリンクが貼られている
  9. トップページからFlash
  10. 目に優しくない背景色(黄色や赤色など)
  11. 過激な主義・主張
  12. マウスカーソルになにかキャラクターがくっついてくる
  13. 文字が小さすぎる/大きすぎる
  14. ブラウザのサイズを勝手に変えられる
  15. サイトを見ても何を伝えたいかがわからない
  16. 右クリック禁止
  17. エイプリルフールネタは「サイトを閉鎖しました」「管理人は死亡しました」
  18. ほかのページが新規ウインドウで開く
  19. 機種依存文字を多用している
  20. 個人の顔写真、タレント写真など無許可の画像を掲載
やはり日頃自分も感じているものが多いです。3のアフィリエイトバナーですが、見栄え的にあまり好きではありません。が、稼げるなら取り入れても良いなとは前々から思っています。6のプラグインあたり、製作者側からすれば「自分の表現したいものを見せるために相手のPC環境を変える」という感じなのでしょうか。一般的な環境でも見れるよう別の手で対応できるならそれが一番ですね。12のマウスカーソルにキャラクターは、最近あまり見ないような気がします。物凄く味のあるキャラクターなら僕は逆に好きになってしまいそうです。

ただ、その中で9のトップからFlashと18の新規ウィンドウについてはあまり意識していませんでした。実際、今制作しているサイトにもトップでFlashを使っていますし、ある部分へのリンクには新規ウィンドウで開くようにしています。

結果については、そうすることが禁止というわけではなく、状況に応じて使い分ける必要があるということだと思うのですが、多少は意識しておこうと思います。

2 件のコメント:

わっち さんのコメント...

僕もmixiからこのニュースみてチェックしてました。

で、otaniさんと一緒で僕も3のアフィリエイトバナーは、見栄えとしてはあまり好きじゃありません。いろんなバナーがあってサイズが違うものとかもあるんで、なんか気持ち悪いんです。几帳面なんですかね。なので、アフィリエイトは本文内にテキストであったり、アマゾンアソシエイトの画像だったりだと落ち着きます。

12のマウスカーソルを追いかけてるってのは、むかーしむかしにDHTMLでやった記憶が。。。遊びでですから、公開はしたわけじゃないですけどね(笑)

otani さんのコメント...

そうです、サイズとかバラバラでまとまりがつかないので、僕もアフィリエイト広告はなかなか手が出ません。
アフィリエイトのことは全く詳しくないのですが、しっかり稼ぐアフィリエイターの方というのは何が違うんでしょう。実際に使ってみて、オススメする明確な理由が記事にされていたりすると良さそうですね。

ですが、実際僕がやりだしたらとことん、もう嫌がらせのように広告ばっかり貼りまくるんだと思います。(笑)