2008年12月16日火曜日

確かに年賀状は贈り物だと感じる"郵便年賀.jp"

日本郵便の年賀状プロモーションサイト"郵便年賀.jp"です。老若男女問わず、人の顔や言葉が全面に押し出されており、顔は見えないけど心を交わすことのできる手紙、ここでは年賀状の良さを感じることが出来ます。「年賀状は、贈り物だと思う。」というコピーも印象的です。

サイトでは、"101人の年賀状"と題し、0歳から100歳までの方の顔と年賀状を見ることが出来たり、年賀状作成の支援ツールや素材を利用することが出来ます。今年も残すところあと15日となりましたが、年賀状の準備がまだの方や、一足早く正月気分を味わいたい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

《関連記事》

4 件のコメント:

わっち さんのコメント...

いいサイトですね。
僕のブログでも紹介してみようと思います。

昔はメールで全て済ましていた年始の挨拶ですけど、結婚してからは送るようになりました。

今年は喪中なので送ることは無いですけど、サイトの方で楽しませてもらおうと思います。

otani さんのコメント...

年賀状、もらうのは凄く嬉しいですけど、送るのはちょっと面倒で(苦笑)前職ではあまり人と知り合うことも無かったということもあり、僕は大学の時からメールでしか送ってません。。

ただ、サイトに出てくるおじいちゃんも言ってましたが、ずっと会ってない人からもらう年賀状って嬉しいもので、僕もゆくゆくはそんな贈り物な年賀状を出してみたいと思ってます。

大人の嗜みな感覚です。

かもめ さんのコメント...

またまたイイ音楽。
おもしろいサイトですね!

年賀状ってホントに贈り物だなと感じます。
手にとって感じられるモノ。

印刷物の温かさってありますよねー

otani さんのコメント...

そう、手紙には心があるね。面倒やけどその心を年賀状に1枚1枚記すかもめさんは偉いと思う!

あ、多分今年はかもめさんだけからしかもらえんはずやから、期待しとくね、いや超期待しとくね(笑)